色について

色(color)は、可視光線の組成の差により質の差が認められる視覚である色覚、および、色覚を起こす刺激である色の刺激のことを指す。色は視覚を通して得る感覚であり、色は、質、量や体積ではなく、音と同様、心理物理量。例えるなら、物理的な対応する物体が擬似的にはないのに色を知覚できる、ベンハムの独楽といわれる錯視現象がある。ベンハムの独楽とは独楽の上面を白と黒で塗り分けただけにもかかわらず、視点の角度によって色知覚が発生するという試みを指す。

色と色覚

物理学的に色が変わるのは、物と物を照らす光との「相性」により説明される。物に入射する何らかの波長の光が観る者の方向へ反射(正反射・乱反射を含む)する時、その物の特性によって反射率、吸収率が異なるという現象が起こる。観る者には反射された光だけが届き、その波長に基づき瞬時に脳で判定される色が、「その物の色」として断定される。要は、光には、色という性質は存在せず、光を受けた物体が色を作っている)。 またそのように観る者に届く光とそれに対する認識とに左右されるため、世間的な色は、ヒトの視覚要は、可視光線内を基準として表現されている。裏を返せば、可視光線内を超えた波長の光について調べると、可視光域で見た場合と比較して全く別色や模様になっている物もある。例えばアゲハ蝶のハネは紫外線で観測した場合、肉眼で見る場合と違う鮮やかな模様を描く。焼け焦げた新聞紙などは赤外線で観測した場合、波長では燃えた紙とインクが燃えた部分とで反射率が違うため文字を読むことが出来てしまう。 生理学的には、網膜内にある3種類の錐体細胞が吸収する可視光線のパーセントが色の感覚を生みだす。これらの錐体細胞は、各々、長波長・中波長・短波長に最も反応するオプシン蛋白質を含み、順に L錐体・M錐体・S錐体と称される。霊長類における L錐体と M錐体はかつて2種類だった色覚の一方が進化の途中で分かれたものであり、近い波長感度がある。錐体が3種類あることはそのまま3種の波長特性を持つ元となるので L, M, S の各錐体を直接に赤・緑・青でなぞらえることもある。 ヒトが視覚から受け取る光の波長が変化すると、それによって変わる視覚経験の内容が色であると言える。ただ、多数派の色覚を持つ方とは別に、人と色覚が一部、合致しない色覚が弱い方、色覚を持たない方もいるため、この例にも例外がある。しかし、この事に限っては、色覚に特性があったとしても知覚可能な波長にあっては事情は同じである。 無色の紙のように、全波長において高い反射率で乱反射する物は白(White)。その反対で、全波長において反射がゼロに近い場合、黒(Black)と称される。完全な黒(Black)は、中空の物体に小さなな開口部を設けることでできる。この時、中空に入った光線は吸収され外部に出ないので、反射率はほぼ0になる。

色見本

色見本